トマシープが学ぶ

Unity/VR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

Adobe Captureアプリ

adobeの便利アプリです!色々な素材が作れます。ただし素材を使うにはadobe CCが必要みたいです。

www.adobe.com

6つの機能があります。

一つづつやってみます。

ベクター

イラレなどで扱いやすい、ベクター画像に変換してくれます。

f:id:bibinbaleo:20171027095028p:plain

紙などに書いた文字などを撮影すると、

f:id:bibinbaleo:20171027094519j:plain

調整してくれます。

f:id:bibinbaleo:20171027094533p:plain

フォント探し

写真で撮った文字がなんのフォントなのかを推察してくれます。

f:id:bibinbaleo:20171027094547p:plain

何種類か候補が上がっているので、一番近いやつを自分で選択して、保存できます。

f:id:bibinbaleo:20171027094601p:plain

カラーテーマ

f:id:bibinbaleo:20171027095316p:plain

自動で取得する色を選んでくれます。

f:id:bibinbaleo:20171027095346p:plain

色の値も見れる

f:id:bibinbaleo:20171027095341p:plain

マテリアル(PBR)

マテリアルを作ってくれる。しかもただのマテリアルではなく、物理ベース(PBR)らしい!すごい!

f:id:bibinbaleo:20171027095322p:plain

これはリュックの写真を元に作ったんだけど、ちゃんと凸凹が表現されてて、凸っているところだけ光に当たった時に白くなるの!

f:id:bibinbaleo:20171027101404p:plain

パターン

色々なパターンが作れます。

f:id:bibinbaleo:20171027104008p:plain

f:id:bibinbaleo:20171027102741p:plain

ブラシ

f:id:bibinbaleo:20171027095334p:plain

写真からブラシが作れるはずなのですが、なんどやってもマスキングテープみたいになってしまう。

f:id:bibinbaleo:20171027103723p:plain

写真撮るときは背景キル取った状態で撮っているのに、編集画面に行くと切り取られていない。使い方間違ってるみたいだけど正しい方法がわからない。

f:id:bibinbaleo:20171027103940p:plain

共有

全ての素材を作った後に、CCのライブラリに保存する画面が出ます。

f:id:bibinbaleo:20171027104241p:plain

それとは別に、素材ごとに共有とか書き出しができるみたいですが・・・カメラロールに保存したところjpeg形式でしか書き出しされませんでした。

f:id:bibinbaleo:20171027104231p:plain

svgとかpngは多分CCに入ってないとできないっぽい。

最後に

使うにはadobe CCシリーズが必要ですね・・・

CS6に人権はない。

www.adobe.com

気になるやつだけ、体験版やってみようと思います。Adobe dementionとか。