トマシープが学ぶ

Mac/Unity/AR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

Unity2017.2開いてみた【Tree,Tango,Timeline】

Unity2017.2

Unity2017をすっ飛ばして2017.2betaをインストールして開いてみました。VuforiaやTangoの機能が標準でついたらしいのです。

unity3d.com

紹介するものが2017.1の新機能なのか.2のもの中は把握してません。

インストール

別のバージョンをインストールするときは元のUnityフォルダーを別名コピーしておきましょう。

docs.unity3d.com

MacならアプケーションのUnityを別名コピーします。

ここからインストールできます。

unity3d.com

パカッ

ぱっとみは変化ないですね。

Tree

一番よく使うゲームオブジェクトを見ると・・・Tree!?

f:id:bibinbaleo:20170708144230p:plain

インスペクタで葉っぱをプラスしてgeometaryのマテリアルに、Treeと名のつくシェーダーを適用したマテリアルを当てはめて、葉っぱさんの目を閉じて、開いて、木全体のマークを押して逆さまにすると

f:id:bibinbaleo:20170708151230p:plain

こんな感じになりました。

f:id:bibinbaleo:20170708151237p:plain

説明がめんどくさいので公式を見てください。

Unity - Manual: Tree Basics

Tangoとか

Player SettingのアンドロイドのところにXRsettingという欄がありました。AndroidにswitchしてtangoにチェックするとコンポーネントにあるARとかXRとかが使えるようになります。

f:id:bibinbaleo:20170708152020p:plain

f:id:bibinbaleo:20170708144221p:plain

そのほかシェーダーにもAR>Tangoがありました

f:id:bibinbaleo:20170708152012p:plain

ここらへんを組み合わせたら、SDKを入れなくてもtangoができるようになると思うのですがよくわからないです。

色々組み合わせを試したけどできなかった。

カメラ周りの設定をどうしたらいいんでしょうね・・・ViveでVRsupportをチェックしたときは何もせずにデフォルトのカメラがHMDになったんだけど、Tangoはそんなにシンプルじゃないのかな?

というかいちいちビルドするのがめんどくさくて数がこなせない。

Timeline

噂には聞いていたタイムライン。もしかしてアニメーションがunityで手付けできたりするんでしょうか?

Animated GIF  - Find & Share on GIPHYwww.giphy.com

できました!

あれ、でもこれってもしかしたら昔からAnimationでもできたのかもしれません。どこが新しいところかよく分からないのですがとりあえず紹介します。

WindowからTimelineEditor。

f:id:bibinbaleo:20170708153838p:plain

動かしたいオブジェクトを選んで、Create。Timelineオブジェクトができます。

f:id:bibinbaleo:20170708155142p:plain

そして赤い丸をクリックして、録画開始。最初の位置で少し動かして初期位置にして、タイムラインを進めて、任意の回転や移動をさせて録画終了をしたら動きました。

動画ソフトに慣れていたらなんとなくわかるでしょうか。

任意の場所でのキーの打ち方は、ダブルクリックしたらAnimation画面が開いてそこで右クリックでadd keyがでてきました。

f:id:bibinbaleo:20170708155057p:plain

感想

上っ面だけの機能しか触れない(スクリプト書けない)私にも楽しい機能がありましたね。他にも色々あるようですがのちのち。

参考

2017.1の公式マニュアル。

docs.unity3d.com

qiita.com

 

tsubakit1.hateblo.jp