トマシープが学ぶ

Unity/VR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

OculusGoをαリリースできた!!!!おめでとう!!!ぱふぱふ

以前ストア配布(αリリース含む)する方法を調べて少し試したのに、すごい量のエラーが出て全然先に進めずイライラしました。

bibinbaleo.hatenablog.com

前回は興味本位で調べただけですが、今回は割と配布したいのでがんばります。

2017.4でビルド

基本的には前回と同じ手順ですが、たまたまプロジェクトが2017.4で作られていたので、AndroidManifest.xmlはなにも触っていません。

2018以降だとなんか書き換えないといけないってこの記事には書いていて、前回苦戦したのもそのあたりのせいだと思います。知らんけど

qiita.com

サイトにアップロードするときに出たエラー?

さてoculusのデベロッパーサイトにapkをアップロードしたときに出たエラー

APKデバッグモードで署名されています

 

 

f:id:bibinbaleo:20180919111128p:plain

Keyの部分がunsign(debug)になっていた。なんで・・・さっき設定したばっかりなのに。すぐ外れるのか?

f:id:bibinbaleo:20180919111549p:plain

www.wakky.tech

Signature Schema V2で署名されたAPK

f:id:bibinbaleo:20180919111712p:plain

貼ってあるURLをみたらAPKがSignature Schema V2というのが有効になっているけど、それは(oculusGoでは?)サポートしていないから無効にしてねということみたいです。

developer.android.com

無効にするには

build.gradle ファイルを開き、v2SigningEnabled false という行をリリース用署名構成に追加します。

ということですが、Unity内にbuild.gradleというファイルはなかった。

検索したらbuildsettingのbuildsystemでgradleとinternalというのが切り替えられるらしい。

qiita.com

これをinternalにしたら無事にアップロードできました!!!!

ただこの記事にも書いてある通りinternalはあまり推奨されてない?でもしょうがなくない?

OculusGoアプリのリリース用APK作成手順まとめ #OculusGoDev

f:id:bibinbaleo:20180919114514p:plain

意外とあっさり!前回のはなんだったんだよ!2017.4でビルドしてるのがよかったのか?

APK Already Exists

プロジェクトを修正して再upしようとしたら出ました。
An APK with this package name and version code already exists. Please increment the version code and then resubmit your update.

 

f:id:bibinbaleo:20180919132915p:plain

最初Versionだけ新しくしたけどダメで、下のBundle Version Codeを1から2にしたらOKでした。

f:id:bibinbaleo:20180919133210p:plain

適当でいいのかな・・・

前より増えていれば良いそうです。

baba-s.hatenablog.com

α招待を送る&受ける

ユーザー+からメールアドレスで体験してくれる人のメールアドレスを入力します。100人まで。

f:id:bibinbaleo:20180919120241p:plain

試しに自分に送ったらこういうメールが来ました。

f:id:bibinbaleo:20180919120244p:plain

こちらをクリックしてOculusにログインすると「認証されました!」の文字

f:id:bibinbaleo:20180919120243p:plain

プレビューアプリセクションってどこだよと思ったら

アプリストアの一番下にありました。

f:id:bibinbaleo:20180919122651p:plain

サムネとか

サムネも変えたい。

このステップのアセットのところでサムネなどを設定します。

f:id:bibinbaleo:20180919185633p:plain

ちなみにこのステップ左からじゃなくても好きなところから設定できるんですね。

f:id:bibinbaleo:20180919185556p:plain

いっぱい設定しないといけない。全部設定しないでも反映されました。

f:id:bibinbaleo:20180919192027p:plain

サイズが違うとトリミングされてる。

f:id:bibinbaleo:20180919192030p:plain

Devel/OculusRift/OculusStoreでの配布方法 - cubic9.com

(おまけ)実機へのビルドでエラー

実機をつないでbuild&Runをしたらこんなのが出ました。

f:id:bibinbaleo:20180919113254p:plain

これこそデバッグモードでビルドしろという意味なのかな?

keyをdebugにしたら出なくなったよ。

f:id:bibinbaleo:20180919115417p:plain

あと別のエラーも

CommandInvokationFailure: Unable to install APK to device. Please make sure the Android SDK is installed and is properly configured in the Editor.

このエラーが出たときは、公式からインストールした自分のアプリをアンインストールして、AndroidManifest.xmlも消したらビルドできます。

 

以下試行錯誤↓

ググったら「タスクマネージャーでadb.exeプロセスを終了」したらいいとあったのでしたら一応build successにはなりました。

qiita.com

ただサクセスとは出てるが、同じエラーが出てるし、実際ビルドもされていない。

Please make sure the Android SDK is installed and is properly configured in the Editor

f:id:bibinbaleo:20180919123039p:plain

こちらの記事にはいったん元のアプリをアンインストールすればよいとあった。

UnityでAndroidアプリをビルドするには - フレームシンセシス

OcuGoの提供元不明のアプリのアンインストール方法わからない・・・twitterで検索したら

 adbコマンドでしか消せないそうです。

cd AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools"

adb uninstall com.unity3d.vrstandardassets

私はこれであっさり消せました。

ただしこれでも状況は変わらず><

うえ~ん

とりあえずアルファリリースを更新することで何とか更新はできるけど手間が以上にかかるよ~

本当にどうしよう・・・

コメントでAndroidManifest.xmlを消したらBuild&Runできるとのアドバイスをいただきました。

id:ku__ra__ge

「(おまけ)実機へのビルドでエラー」ですが、これは自分も同様の問題にはまりました。
この問題はおそらくリリース用に追加したAndroidManifest.xmlが原因です。
Assets/Plugins/Android/AndroidManifest.xml
を削除すればBuild&Runできるようになると思いますよ。

マニフェストにはOculusGo側の正規ランチャ以外から起動できないようにする設定が入っているので、unityのBuild&Runから起動ができなくなっているんだと思います。

ただ私の環境では変わりませんでした。。。

 こちらの記事にあるように、公式アプリからインストールしたほうのアプリもアンインストールして、AndroidManifest.xmlも消去したら無事にビルドできました!!!

qiita.com