トマシープが学ぶ

Unity/VR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

キタキツネちゃんとかまくらの中で過ごすVR。

今までの集大成?で、キタキツネちゃんとかまくらでVR+リープモーションを使って過ごします。

お借りしたもの

3d.nicovideo.jp

f:id:bibinbaleo:20170907122928p:plain

seiga.nicovideo.jp

f:id:bibinbaleo:20170907122932p:plain

どちらもすごいクオリティです。

ゆきやまちほーは、ゲームについても利用規約で言及されていました。ありがたい。

ポーズ

キタキツネちゃんに座ったポーズや寝そべったポーズをしてもらいます。mayaで作ります。

bibinbaleo.hatenablog.com 

f:id:bibinbaleo:20170907131622p:plainf:id:bibinbaleo:20170907131627p:plain

尻尾が地面に埋まってしまいます。床にmmdのrigidbodyつけたけどだめだ〜

f:id:bibinbaleo:20170907133222p:plain

f:id:bibinbaleo:20170907134953p:plain

本物と比較しながらポーズを作っていきます。

f:id:bibinbaleo:20170907135001p:plain

Leapmotionで触る 

bibinbaleo.hatenablog.com 

f:id:bibinbaleo:20170907135654p:plain

後ろ髪とお耳をさわれました。

キャラクターの関節をコントローラーで動かす

 このアセットの中にあるIK.csというスクリプトを使えば、関節の位置をコントローラーで動かすことができます。

f:id:bibinbaleo:20170907153211p:plain

これを使ってポーズを作って、球の位置を最初から適用したらmayaとか使わなくてもunityだけでポーズ作ることもできそう。

ゲーム開発の実装メモ 【Unity3D】IKを使ったテスト

VR

私はHTC Viveを使っているのでsteamVRとVRTKのセットで開発します。

こちらの記事を参考にしました。バージョンが変わって設定方法も変わっている。

takoyakiroom.hatenablog.com

takoyakiroom.hatenablog.com

位置決め用の玉をつかめるようにするにはwindows>VRTK>setup~を選択、

f:id:bibinbaleo:20170908215618p:plain

次のような設定にし、玉オブジェクトを選択した状態でボタンを押す。するとスクリプトがついてくれます。rigidbodyとかは今回はいらない。

f:id:bibinbaleo:20170908215608p:plain

コントローラーはGrabしているサンプルシーンからもらいました。

これで重力に関係なくコントローラーで掴んで動かすことができます。

またcamerarig下のmodelオブジェクトにMMD rigid bodyをつけるとすこしだけもふもふします。

完成

www.nicovideo.jp

説明はかなりはしょりましたが、できました。

Leapmotionを使ったり、ポーズ変えてみたり。

今回はモーションを使っていないけど、顔が動くので変にループモーション入れるよりは自然な感じなったかも。

あと自分でポーズが作れるようになったのもでかいですね。

あとは表情ですかね・・・キタキツネは無表情なイメージだったので今回のままでもそんなに違和感はないですが。

と思ってたら、VR+Unity+MMDで表情を変える動画が上がっていました。

www.nicovideo.jp

私がちょうどニコニコに動画を上げている時に同時に上がっていたのでびっくりしました。