トマシープが学ぶ

Mac/Unity/AR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

プロ生ちゃん×Tango

プロ生ちゃんをTangoで等身大出現させました。

場所を指定するのにマーカーを使いました。動きとか詳しいことも下の記事に書いています。

bibinbaleo.hatenablog.com

 本当はMMDモデル(アライさんとかキズナアイとか)を出現させたいのですがMMDをUnityで使えるMMD for mechanimはモバイルでは動かないようになっているので、unitypackageで配布されているプロ生ちゃんや東北ずん子を使います。

 この記事でunityで使えるキャラを紹介しています。

bibinbaleo.hatenablog.com

 ただずん子ちゃんは影が落ちない設定になっているし、シェーダーを変えると印象がかなり変わってしまうので現実環境に馴染んで欲しい時には向いていないです。

その点プロ生ちゃんはシェーダーをいじらなくても割と肌とかがリアルですごいな〜って思いました。トゥーンとリアルのバランスがいい感じですね。環境光とライトを暗めにして影を落とす透明な板を置いたら現実空間に馴染みます。

プロ生ちゃんにはいろんな種類があってDynamicって名前が入っているものは髪とかスカートが揺れます!すごい。

最後にカメラの方を見てくれるスクリプトを追加したらすごく生きている感が強くなりました。

そんなプロ生ちゃんはニコニ立体からダウンロードできます。MMDverもある

3d.nicovideo.jp

f:id:bibinbaleo:20170808203826j:plain