トマシープが学ぶ

Mac/Unity/AR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

Substance Painterちょっとだけ使ってみた。

Substance Painter

3Dモデルのテクスチャをリアルに描けるソフト。

www.borndigital.co.jp

以下の動画がわかりやすかった。

www.youtube.com

フォトリアルなゲームを作る時に使えそう。

こちらの記事が参考になりそうです。ありがたや

www.hildsoft.com

学生は一年間無料で使えるようです。申請したらダウンロードページまで簡単にいけました。

sunstance painterの他にDesignerとB2M3というのもダウンロードできるようです。

www.borndigital.co.jp

www.borndigital.co.jp

機能はよくわかりませんでした。

使ってみる

特に説明も見ずに、勘で触って見ます。

アクティベートして、「ペイントする」みたいなのを選ぶとこの画面になりました。

f:id:bibinbaleo:20170802133114p:plain

左上のスペースを広くするとこんな感じでサンプルモデル?が現れ流ので塗って行きます。

f:id:bibinbaleo:20170802133105p:plain

右側でブラシの色や質感などを選択でき、

f:id:bibinbaleo:20170802133623p:plain

左下でブラシの種類(形)や質感を選べます。

f:id:bibinbaleo:20170802155852p:plain

そしてモデルに直接塗る。右側は展開図。展開図にぬっても3Dモデルに塗ってもどっちでもいい。モデルビューはaltキーを押しながらドラッグやコロコロで動かせます。

f:id:bibinbaleo:20170802133627p:plain

ブラシの高さを設定したらこんな風に盛り上がったペイントもできます。

f:id:bibinbaleo:20170802133617p:plain

右上のレイヤーで塗りたい部位を選択しないと、塗れません。

f:id:bibinbaleo:20170802155904p:plain

モデルインポート&Unityに出力

作ったテクスチャをunityに出力しようとします。サンプルのやつを出力したかったのですが、fbxデータがどこにあるかわからなかったので新しくモデルをインポートして、テクスチャ書き直しました。

インポートはファイル>新規からメッシュ選択。fbxは読み込めた。

f:id:bibinbaleo:20170802155900p:plain

貞子を適当に塗って

f:id:bibinbaleo:20170802160503p:plain

ファイルからExport Texture。上のタブからConfigurationを選んでUnity5を選択。

f:id:bibinbaleo:20170802160458p:plain

またエクスポートに戻ってエクスポート。

Unityにfbxとエクスポートされたテクスチャをインポート。

自分でマテリアルを新規作成するか、すでにあるマテリアルにテクスチャを当てはめていく。

f:id:bibinbaleo:20170802162235p:plain

名前から推測する。

f:id:bibinbaleo:20170802162229p:plain

ノーマルマップは変換しないといけないらしい。

ちゃんと高さも表現されている。

f:id:bibinbaleo:20170802162225p:plain

金属の写り込みはRefrection Probeを使う。

f:id:bibinbaleo:20170802162218p:plain

なぜか全身テカテカになった。何も塗っていないとこはこういう材質になるのかな?

全く使いこなせていないけど、なんとなくわかった。

参考

qiita.com

borndigitalのブログ:Tips:Substance Painterで作成したテクスチャをUnity5.3に適用 - livedoor Blog(ブログ)