トマシープが学ぶ

Mac/Unity/AR好きのミーハー初心者

Cinema4DでUV展開とBodyPaintとテクスチャいじり

ずっとやってみたかった機能。このブログを参考にやっていきます。

tyr-c4d.seesaa.net

続き

BodyPaint3D|CINEMA4D(Prime)レポート -7ページ目

 

この動画とか丁寧。

www.youtube.com

公式によるすごい詳しい説明

www.youtube.com

人の顔の写真をを貼っている!

説明読むのがめんどくさくて後半自己流になってしまったので私のは参考にしないでください。

UV展開

右上のレイアウトからBP UV Efitを選ぶ

f:id:bibinbaleo:20170605150638p:plain

ペイントアセットウィザードを選ぶ。

f:id:bibinbaleo:20170605150842p:plain

Yesを押して行くと勝手に展開してくれる.

UVメッシュをクリックしUVメッシュを表示をクリック

f:id:bibinbaleo:20170605152933p:plain

f:id:bibinbaleo:20170605150632p:plain

Body Paint

次にレイアウトでBP 3D Editを選ぶ。(選ばなくてもいい)

そしてブラシで直接塗っていく

f:id:bibinbaleo:20170605150619p:plain

こんな感じ

f:id:bibinbaleo:20170605150627p:plain

マテリアルから元の髪の黒色を薄くした。

f:id:bibinbaleo:20170605150615p:plain

左上のタブからテクスチャに切り替えられる。

f:id:bibinbaleo:20170605150609p:plain

カオス

f:id:bibinbaleo:20170605150602p:plain

失敗して新しくテクスチャを作るにはファイルから新規テクスチャ

f:id:bibinbaleo:20170605154118p:plain

オブジェクトやマテリアル画面で正しい場所にセットしないといけない。

f:id:bibinbaleo:20170605154212p:plain

Photoshop

フォトショップに持っていくにはテクスチャ>ファイルから保存してフォトショで開く。

f:id:bibinbaleo:20170605152105p:plain

というかちゃんとやるなら、まず何もペイントしない状態でCinema4Dで新しいレイヤを作って

f:id:bibinbaleo:20170605153849p:plain

そこにどの場所か手がかりになるようにメモなり簡単なペイントをする。

f:id:bibinbaleo:20170605153853p:plainf:id:bibinbaleo:20170605153856p:plain

それからさっきみたいにフォトショ用に保存すべきだと思われる。

と思ったら線は表示されないのか。境界線はちゃんとC4D側で塗っておくべきですね。

f:id:bibinbaleo:20170605155012p:plain

再読み込み

フォトショで加工したあとは、C4Dでマテリアルを選び、テクスチャから画像を再読み込みで変化する。・・・しなかった。テクスチャは変わっているけど、ビューに反映されない。

f:id:bibinbaleo:20170605155630p:plain

ファイルから「保存されているテクスチャに復帰」を押すと反映された。

f:id:bibinbaleo:20170605160050p:plain

最後に

ペイント難しい。あとC4Dはメニュー画面のスクショを取れないのでブログに手順を書くのも難しい。

 

 

 

広告を非表示にする