トマシープが学ぶ

Mac/Unity/AR好きのミーハー初心者

Text Mesh Pro使ってみた

Text Mesh Proとは

unityでテキストを扱えるアセット

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/84126

f:id:bibinbaleo:20170604172325p:plain

そのうちデフォルト機能として統合していくらしい。

作る

createから3D,2D共にオブジェクトとして作れる。

f:id:bibinbaleo:20170604172321p:plainf:id:bibinbaleo:20170604172317p:plain

オブジェクトのインスペクタを見ると色々設定できる。

f:id:bibinbaleo:20170604172313p:plain

フォント

フォントの種類はデフォルトが6種類だが、日本語フォントを含め自分で追加できる。

f:id:bibinbaleo:20170604172307p:plain

WindowsからTextMeshPro>Font Asset Creator

f:id:bibinbaleo:20170604172918p:plain

あらかじめフォントをUnityに追加しておく、macならFinderの上の移動を選択、optionボタンを押すと表示されるライブラリを選択。その中のFontフォルダの中に入っている。

フォントを選択してGenerate Font Atlasでできる。

f:id:bibinbaleo:20170604173927p:plainf:id:bibinbaleo:20170604184234p:plain

終わったらsave TextMeshPro〜を押すのを忘れずに。

ちなみにむつごフォントでは作成できなかった。日本語タイトルだからかな?

保存したSDFをフォントのとこで選択すると

f:id:bibinbaleo:20170604175300p:plain

できた!

文字にテクスチャ

マテリアルのShaderをTextMesh Pro>Distance Fieldに変えるとテクスチャを選べるようになる。

f:id:bibinbaleo:20170604184223p:plain

おおー

f:id:bibinbaleo:20170604184217p:plain

 

ちなみに影を出すやる方はよくわかんなかった。Cast shadowとかしても出ない

f:id:bibinbaleo:20170604172922p:plain

 

参考

digitalnativestudios.com

 

blog.naichilab.com

広告を非表示にする