トマシープが学ぶ

Mac/Unity/AR好きのミーハー初心者 記事内容は自分用のメモ。何も求めないで

MacでPython+mecab

mecabという形態素解析ツールをPythonで使うことになったので、環境構築!

mecabとは

MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer

文章を単語に自動で区切ってくれるソフトです。文章を意味で区切ることを形態素解析と言います。多分

Macではターミナル場で使えます。

Macでのインストールの仕方

homebrew

まずhomebrewを入れていない人は入れます。私は、先日slackbotを作るときに入れました。 

bibinbaleo.hatenablog.com

Homebrew — macOS 用パッケージマネージャー

Mecab

次にMecabを入れます。下のを一行ごと入れました。

brew install mecab
brew install mecab-ipadic

一行ごとに、ダウンロードされます。

これでMecab入れ終わりました。

ターミナルで

mecabと入力して適当な文章を入れると

f:id:bibinbaleo:20170425180041p:plain

f:id:bibinbaleo:20170425180727p:plain

解析してくれました。

終了するにはCtrl+Cです!

Pythonで動かす

mecab単体は動きましたが、Pythonで動かすにはまだ何かを入れないといけません。

バイディング?というらしいです。何者かはわかりませんがこれを入れないとエラーがでてプログラムがちゃんと動いてくれませんでした。

入れるには、ノーマルな状態でターミナルに

pip install mecab-python3

Pythonで使えるようになります。

python2.7でも、pip install mecab-python3 でうまく動きました。

OSがSirriaの人

ただOSがSierraの時はpipがインストールできません。

ottan.xyz

この記事の下の方の解決法を参考にpythonをhomebrew経由でインストールし直したらできました。

brew update

brew install python

でインストール

which python

で場所を確認。/usr/local/bin/pythonにあればオッケー

そして再び

pip install mecab-python3

で完了!

コードで動かしてみる!

pythonコードでMecabを動かしてみます。pythonと打って、対話モードにしてコードを打ちました。

f:id:bibinbaleo:20170425182813p:plain

できました!

参考

バイディング前まではこの記事を参考にしました。

inner2.hatenablog.com

バイディングの入れ方は↓の記事を参考にしました。

qiita.com